イベント

ふたご座流星群2019最新ピーク時間と放射点の位置は?観測の感想も!

スポンサーリンク

こんにちは、トモコです!

今回は、とっても夢のある「ふたご座流星群2019」について調べてみました。

流星群が騒がれだしたのって私の記憶では、たしか・・・今から20数年前だったと記憶しております。

その頃は、次に流星群は見れないかもしれないからこの流星群を見逃さないように。

なんて騒がれていて、目を凝らして必死に見たです・・・いつの間にか毎年観測できるんだ、と気持ちも離れておりました。

忙しくしている日常を離れて、久しぶりに流星群を見たいと思っている方に

今回は、「ふたご座流星群2019最新ピーク時間と放射点の位置は?観測の感想も!」と題しまして、お伝えしていきたいと思います。

では、本題へ行ってみましょう!

スポンサーリンク

ふたご座流星群2019最新ピーク時間・放射点・方角

最新ピーク時間

ウェザーニュースによると15日午前2時頃にピークを迎えるとされています。

今日は昨日とはうって変わって雲がありません!嬉しいですね!これなら期待できそうです☆彡

「ふたご座流星群2019」見頃まとめ 

★一番の見頃★ 12月14日23:00頃~15日日の出まで

★二番の見頃★ 12月13日日没後~14日日の出まで

12月15日2:00頃~4:00頃に活動が活発になり流星の数が最も多く(極大)なります。

14日の夜は15日の極大より観測条件は良いので、ある程度の数の流星が見えると予想されています。

13日の夜も普段の日よりも多くの流星を見ることができそうですあいにく雲に覆われてしまいました・・・14日~15日に期待しましょう。

明るい月が空をずっと照らし続けているので観測条件は良くありません。

対策としては、月様を視野に入れないように、市街地ではない方角を見ると良いようですよ!15分くらいは見続けると良いそうですよ。

天候はというと、明るい月が空をずっと照らし続けるということなので天気は良いと予測できますね。

「ふたご座流星群」2018年は大量に観れたようですね。

放射点

引用元:ロケットニュース

方角

ふたご座流星群の放射点である南東と南南東の間の空が見やすいですよ!
「冬の大三角形」と「ふたご座」のあたりです。

観測の感想!

早速現在観測されている方の感想をみてみましょう。

12月13日~14日観測の感想!

やはり13日現在は雲がかかって見えにくい状態ですね。どうか晴れてくれますように☆彡

早く天候が良くなって15日のピーク時間には雲がなくなるといいですね!!!

12月14日~15日観測の感想!

雲がなく期待できそうですね。

今の時点でバンバン見えるとは!

14日の23:00~のこれからがピーク時間なので数も増えてきますね!楽しみです☆彡

我が家のベランダから23:15頃にお月様の下をスー!と長めに流れていきました☆彡

ふたご座流星群!流れていますね☆彡

もうすぐ15日の2:00ですね!最新のピーク時間が2:00~ですから楽しみですね♪

まとめ

今回は、「ふたご座流星群2019最新ピーク時間と放射点の位置は?観測の感想も!」と題しましてお伝えしてきましたが、いががでしたでしょうか?

「ふたご座流星群」は年間三大流星群(「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」)のひとつにもなっています。

今年は、明るい月が空をずっと照らし続けるということで、月の光の影響を受けてしまい観測条件は良くないようですが、月明かりに負けないくらい明るい流星が現れることもあるということですよ!!

そして、月様を視野に入れないように、市街地ではない方角を見るという対策をすれば流星を観測できないということはないと思いますので!

気楽な気持ちで「ふたご座流星群」を楽しみたいですね☆彡

相当寒くなると思うので、くれぐれも防寒対策を忘れずにしてくださいね!温かい飲み物も忘れずに。

それでは、少しでもお役に立てましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

また次回の「トモゴコロ」でお会いしましょう!

▼こちらもどうぞ!

ふたご座流星群2019関東穴場や観測スポット!ピーク時間や天候も!こんにちは、トモコです! 今回は、とっても夢のある「ふたご座流星群2019」について調べてみました。 流星群が騒がれだしたのって私の...
しぶんぎ座流星群2020関西の穴場スポットや天気は?ピーク時間や放射点も!こんにちは、トモコです! 今日は三大流星群のうちのひとつ「しぶんぎ座流星群」が見頃を迎えて観測できます。 2019年12月には、やは...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク